トップまちなか文化プロジェクト

まちなか文化プロジェクト

コミネスは、ホールにおける文化芸術活動だけでなく、白河のまちなかや市民の生活の場(学校や福祉施設など)まで裾野を広げ、積極的にまちづくりに寄与していきます。

まちなか音楽祭

平成31年度

写真:まちなか音楽祭
「白河まちなか国際音楽ウィーク2019」(令和元年11月3日~10日)
白河市の文化創造拠点であるコミネスと、旧市街地に残る歴史的建造物群等を会場に、多様な音楽公演を展開した音楽祭。ホールのほかに複数の会場を用意することで、まちなか回遊を促し、多くの方が街歩きで素晴らしい音楽に気軽に触れ、歴史の街を感じていただく企画としました。
プログラムは、クラシックをメインにしながら、ジャズや邦楽、カンツォーネ&シャンソン、タップダンス、マイムなど幅広い音楽を楽しんで頂けるよう選定。イタリアの「ボローニャ歌劇場」首席奏者によるヴィヴァルディの「四季」、また、フランスのトゥールーズの「ジャコバン国際ピアノ音楽祭」から来日する2人の若き天才によるピアノプレイの演奏をはじめ、国際色豊かな音楽をお届けしました。
また、ホール公演日には、地域の飲食店等と連携し、コンサート前や休憩中にワインや日本酒、フランスやイタリアの料理を楽しめるブースも設け、音楽祭と食とのコラボを行いました。

図書館連携事業

写真:図書館連携事業

平成28年度

  • 「本にまつわる音楽とお話の夕べ~シェークスピアから村上春樹まで~」(平成28年7月30日)

平成29年度

  • 「池上由香アルパ×篠原梨恵フルート」(平成29年4月19日)
  • 「絵本作家 飯野和好さんと遊ぼう」(平成29年8月5日)
  • 「曽根麻矢子チェンバロとトーク」(平成29年8月5日)

平成30年度

  • 「能楽ワークショップ」(平成30年7月25日、8月22日)
    講師
    松山隆雄

平成31年度

  • 白河まちなか国際音楽ウィーク プレイヴェント「クラリネット アレッサンドロ・べヴェラリ~ボローニャのお話とともに~」(令和元年10月21日)
    演奏
    アレッサンドロ・ベヴェラリ、堀内由紀子
    トーク
    志賀野桂一(コミネス館長)、田中伸哉(白河市立図書館館長)、吉田牧子(東京文化会館 事業企画課 創造発信担当係長)

アウトリーチ事業

写真:アウトリーチ事業

平成28年度

  • FUKUSHIMA白河版オペラ「魔笛」に合わせた歌い手によるアウトリーチ(平成29年3月14日)
    「魔女がエマノンにやってくる」
    アーティスト
    申寿美、三野宮まさみ、在原泉
    アウトリーチ先
    コミュニティ・カフェ EMANON
  • 公共ホール音楽活性化事業(平成29年2月23日~24日)
    アーティスト
    Quatuor Bサクソフォン(國末貞仁、山浦雅也、有村純親、小山弦太郎)
    アウトリーチ先
    せせらぎ会津町、白河市立関辺小学校、白河市立第四小学校、白河市立大谷小学校

平成29年度

  • 公共ホール音楽活性化事業(平成29年12月13日〜15日)
    アーティスト
    デュエットゥ かなえ&ゆかり(木内佳苗、大嶋有加里)
    アウトリーチ先
    白河市立信夫第二小学校、白河市立第五小学校、白河厚生総合病院付属高等看護学院、白河市立五箇小学校

平成31年度

  • 公共ホール現代ダンス活性化事業(令和元年11月21日〜22日)
    アーティスト
    田畑真希
    アウトリーチ先
    白河市立大信幼稚園、白河市立東北中学校、白河市立第四小学校